続・弁証法的世界観 かに座

唐突だけど、僕は自分の星座が特に好きではなかった。

理由は単純で何かパッととしないから。

(子供の頃に観た某アニメの影響もあるかも)

 

でも最近その考えが改まった。

 

―――

 

僕は今、仕事関係で月一で英会話レッスンに通っている。(まだ2ヶ月だが)

前回の月曜にそれがあり、テーマはゾディアック(占星術による12星座)であった。

生徒達が(と言ってもおっさんだが)各々の星座を述べる中で、僕もかに座だと言った。

次に先生は(と言っても年下だが)かに座の特性の箇条書きをPCに映した。

僕は映し出されたものを読んで、内心震えてしまった。

驚くほど自分に合致していた。

先生に当たっているかどうか尋ねられたけれど「Maybe」とか言って、ココロを読まれることを避けた。恥ずかしいから。

 

レッスンが終わった後も、かに座について調べてみた。


関係する星が月であること。(僕は断然、太陽よりも月派だ)

理性・理論よりも感受性を重んじること。

直感を大切にすること。

母性的・同情的・依存的であること。

自己中心的にネガティブであること。

 

自分を省みることが出来た。

 

―――

 

僕は結構、現実的な人で占いとか神秘的なものをあまり信じる質ではない。

が、自分の根源的な祈りに出来るのであれば信じたいと思った。

 

占いを鵜呑みにはしない。

朝の占いや巷の安いのは僕にはいらない。

人生の短いスパンでの運勢・頼りもいらない。

(あっでもおみくじは引いてる。。)

 

僕の本質に触れるものであれば欲しい。

自分のココロが根源的に何を求めているか、何が好きか、何をすべきか教えて欲しい。

自分の精神的支柱となり、僕という存在を教えて欲しい。

 

それがあれば僕がこんな人間であることを許せる気がする。

あの星の元に生まれてこんな人間になったことを。

僕が結局こんな性質が好きであることを受け入れられる気がする。

 

 

僕はよく自分があさましいと思う。

 

 

今回書いた事柄以外にも自分の内的祈りが最近増えてきた。嬉しい。生きている気がする。

 

 

週に一度はブログを書こうと決めた。

だから週に一度くらいは覗いてくれないかな。

コメントくれたら嬉しいな。

 

ヨルバ