バベルの木

昨日は遥か北と南からはるばる東京にやって来た友人2人と一緒に、初めてスカイツリーに登った。天望回廊まで登った。

彼女達は前回2年前くらいに会った時よりも元気そうに見えた。各々の生活でたくましく生きているみたい。良かった。

 

4年前くらいだったか、片方の子に「同期とはこれからたぶん誰とも会わなくなるだろう。でもXXちゃんとは会うよ」なんて事を言った。彼女はそんなこと覚えてないかもしれないが、その約束が果たせて良かった。

だけどそんなことは口に出すべきじゃなかったな。

二人ともまたいつか会いましょう。

 

普段、日中に友人と外で会うことがほぼゼロだけれど、たまにそんな機会があると心休まる気がする。

大切なことなんだろうな。

 

そしてその後、暖かな孤独に帰る。

それも悪くない。

生活に不満はない。

別れ際の一抹の寂しさもすぐに消えてしまう。

もう恐くはないよ。