今を生きるということとMementomori

未だに生きる意味がほんの少ししかわからない。

それはネガティブというよりもむしろ人生を真摯に捉えるため。

だから文学や哲学に触れて、自分に取って本当に価値があるものが何であるかを教えてもらいたい。

 

死によって生は想起される。

死によって人生の長さは規定されているから。

 

将来・未来は有限であり、達成出来る夢には限界があることを見据える。

だから焦りもするし、今頑張らなきゃという気持ちが生まれる。

 

過去を幾度も反芻し、過ちも愛も忘れはしない。

それによって同じ過ちは繰り返されず、愛は失われない。

 

未来も過去も踏まえた上で現在を直視し、誠実に眼前の生活に取り組む。

それが「今を生きるということ」だと、今朝わかった。