星空の下で

みんな、昨日はライブに来てくれてありがとう。

 

「星空の下で」とAPIAのスタッフに冠された昨夜のイベント。

YoruMayuは始めてのトリだった。

 

僕らの出番前のSEにはSigur ros の「()」の3曲目を使った。

大学生の頃この曲がとても好きで繰り返し聞いていた。

チューニングしながら久しぶりにこの曲を聞いていたら、気持ちが良かった。曲の終盤でピアノの旋律がオクターブ上がるところがとてつもなく好きだ。

星空の下にいるみたいだった。

最後まで聞いていたかったけどあまり待たせるのも悪いと思い、ピアノの旋律がまた元の高さに戻るまでの何小節かを残して軽く挨拶をして演奏を始めた。

 

——— 

 

2ヶ月前のライブの時の課題は大体クリアできたと思う。

マユちゃんはちょっとうなだれてるみたいだけれど。笑

ギターとピアノの音のバランスはピアノメインにして大分良くなった。ピアノが映えている。

ギターはコーティング弦から普通の弦に変え、ライン録りからマイク録りに変えたら、自分の理想的な音にかなり近づいた。

矛盾しているようだけど、瑞々しさと乾きが同居しているような木の音がする。瑞々しい弦の柔らかい響きとギターボディの枯れた木の音かもしれない。

歌は風邪気味で喉の調子が良くなかったけれど、何とか乗り切った。もっと自然に気持ち良く歌いたい。

ヴォーカルマイクの位置は少し下げすぎたか。猫背っぽい。。

姿勢が良い方が良い歌が歌える気がするんだけど、ギターの手元が見づらいんだよね。

 

毎回ライブ後にAPIAの店長さんがアドバイスをくれる。有り難いです。

発声とマイクとの距離感の組み合わせをもっと試行錯誤して、歌の世界感の幅を広げた方がいいということ。

その為に普段の練習では行えない、PAがいる音の良い環境での本番前リハがあるということ。

もっといろいろ試してみようか。ちゃんと演奏出来るかなんて普段の練習でわかってるじゃん。

 

友達の要望に応えて新曲を作り、それを聞いてもらうことが出来て嬉しかった。

 

【セットリスト】

1.ブラックゴースト

2.カイネ

3.モンティセリの黒

4.シオン

5.空白の日

6.Good-Bye Birhday