Frame 2

非常に遅ればせながらあけましておめでとうございます。

今年もYoruMayuをよろしくお願いします。

 

年末年始は自宅や親や友達の家でゆっくり過ごし、先週末は親友と香港・マカオ行ってました。

 

今年の抱負は枠を作ってその枠をぶち壊して行こうかなと思います。

現在作品制作の為にレコーディング中だが僕はその中で一つの枠を設定した。

その枠はMayuのピアノ以外の全パート、ドラム・ベース・キーボード・ストリングス・オルガン等を全て自分で演奏すること。

全て自分で演奏することによって自分の能力以上の演奏は出来ないですが、それによって天井知らずの自己作品に対する理想・要求の高さが良い意味で地に足がついたように思う。今の僕ではエリオットスミスのような素晴らしい演奏は出来ないのです。

なので今現在の僕の全身全霊血肉を込めることが出来ればいいじゃないかと思い至った。

今の演奏は未来のYoruMayuには出来ないし。今は今しかないなう。

そんなこんなで現実的に今自分が出来る事、シンガーソングライター的自己作品がどの程度の演奏を求めているかを具体的に把握することができた。

 

作品は2014年中には完成させようと思っていたが、現在の音源で色々と粗が見えて来て再度取り直しを考えている。どれだけ時間がかかってもよい作品ができればいい。胸を張って皆に聞かせられるものができればいい。そしたらゲーム会社に持って行ってなんかのRPGで使ってもらいたい。僕の曲調ならいけそう。ダークファンタジーとか笑。スクエニとバンダイナムコは堅いな。

 

物事を認識する上で何らかの枠を設けることはやりやすいやり方だと思う。

そうしないと世界はカオス過ぎて何をどうしたいのか、何から手を付けていけばいいのかこんがらがっちゃう。プログラムを作る時はモジュール単位、上流・下流行程で分割して考えると把握しやすかったりする。

霊感と枠。霊感と拡大された枠。

 

次回のライブではドラムにミッキーを迎えアコースティックトリオで演奏する。

のでひょっとしたら暫くすると考えが変わってドラムレコーディングをミッキーにお願いするかもしれない。そうなったらそうなったでも別に構わない。

枠を設けて枠をぶち壊すことでYoruMayuはだんだん膨らんでいくでしょう。